口腔外科/インプラント/入れ歯・義歯

口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは一番奥に生える奥歯のため歯ブラシが届きづらく、磨き残しが出やすいために虫歯や歯周病になる率が高くなるという特徴があります。親知らずを抜歯するかどうかの判断は、「その親知らずがお口の中で管理ができる状態であるか」ということを念頭に置いて考えます。綺麗に磨けていて衛生的に口の中にある親知らずについては、あえて抜かないケースも少なくありません。しかし不自然な向きに生えていたり、磨きづらいことから度々虫歯になってしまったりして管理が難しい状態であれば、抜いた方が患者さまにとってメリットが大きくなります。当院ではよほどの難症例以外は他の医療機関に紹介することなく当院の医師が抜歯処置を行っています。院内にCTを備えていることで、必要があればその場でCTによる精密診断を受けていただけることも大きな利点です。できる限りスムーズに、痛みを抑えた抜歯を心がけ、患者さまの負担を減らすように努めています。

親知らずを抜く最適なタイミング

親知らずに限らず全ての歯は、生えてきた初めのうちはまだ根の部分ができていない状態です。歯の頭の部分が出てきても、骨の中にある根の部分は作られている途中なので、まだ短いのです。そのため親知らずも生えてから何年も経過した後よりは、生えてすぐの時期の方が抜きやすくなっています。年齢が若い方の親知らずの抜歯では、歯ぐきや歯を切るような難しい例でも短時間で処置が終わる傾向があります。したがって、リスクのある親知らずは早い段階で抜いてしまうと患者さまの受ける負担が軽くなります。また、ライフスタイルの変化も一つの判断材料になります。これから社会人になる方などは、親知らずを抜いた後に腫れや痛みが出た場合はこまめに消毒に来ていただくこともあるため、お仕事が始まる前に抜歯を済ませた方が良いでしょう。結婚して妊娠を考えられている女性も、妊娠中に痛みが出てしまうと抜くことはできても痛み止めなどの薬の服用が難しくなることを考えると、問題が起こりそうな親知らずは事前に抜いておいた方が安心です。

親知らずの抜歯を提案するケース

親知らずの生え方が良くないと、歯と歯ぐきの隙間から細菌が侵入して炎症を起こし、歯ぐきの腫れや化膿を引き起こすことがあります。親知らずの位置や向きによっては噛んだ時に歯ぐきに当たったり、隣の歯を圧迫して痛みが出たりする可能性もあります。そのような症状が見られた場合には早い段階での抜歯をご提案しています。なお、現状では特に日常生活で困るような症状が見られなくても、レントゲン撮影を行った結果、将来的に隣に位置している歯が虫歯になりそうな場合には、「そのままにしておくと後々大変になるので今のうちに抜いておきましょう」というお話をして抜くことも多くあります。気になる親知らずがある時は、特に違和感や痛みなどがなくても、まずは早めにご相談ください。

抜歯の流れ

親知らずの抜歯というと大掛かりな処置になるイメージがありますが、簡単なケースであれば麻酔の時間を入れても1分もかからずに全て完了する場合もあります。事前にレントゲン撮影を行い、その結果を見て必要だと判断した場合にはあわせてCTも撮影して、親知らずの形や、下顎の中に通っている太い神経との位置関係を確認して慎重に抜歯方法を検討します。歯ぐきの切開を行ったり、歯を2つに分割してから抜いたりという複雑な工程が必要なケースでは、1時間ほどの枠で予約を取らせていただき、口腔内へのダメージを最小限に抑えた安全・確実な抜歯の処置を行います。既に痛みや腫れがある方に対しては、抜歯を行う前に患部の洗浄や炎症を抑えるための抗生物質の投与など、症状を和らげる処置を行うこともあります。

上の親知らずについて

まっすぐ生えていて虫歯などのリスクが少ない親知らずであれば抜かずに様子を見ますが、特に上の親知らずは鏡で見ることができず、すぐ横に頬の骨が通っているため、歯ブラシが入れづらくお手入れが難しい歯です。上の親知らずの抜歯後は腫れる可能性がかなり低く、痛みも出づらい上に、抜歯に要する時間も1分もかからないことが多くあります。磨きにくいのを我慢しながら毎日苦労して磨くよりは、抜いてしまった方が後のことを考えると良い結果に繋がる可能性が見込める場合は、早めの抜歯をおすすめしています。残しておいた親知らずが虫歯になり、麻酔を打って治療するような結果になるのであれば、抜歯の際に麻酔を打つのも同じことです。「普段のお手入れの手間や将来的な虫歯のリスクが軽減される」という抜歯した時のメリットと、抜かずに残しておいた時のメリットを比較して、患者さまのご意向も伺った上で、患者さまにとってより良い形になる処置を行います。

インプラント

インプラント治療とは

インプラントとは歯が失われた時の対処方法の一つで、本物の歯に近い人工的なチタンの歯根を顎の骨に埋入した上に、人工の歯をかぶせて失った歯の機能を回復するという新しい治療法です。顎の骨とインプラントがしっかりと結合するため、天然歯と変わらない自然な噛み心地を得ることができます。特に安全性と正確性が求められるインプラント治療には、CTによる三次元診断が必須です。当院ではCTが完備されており、事前にCT撮影を行った後にそのCT上でインプラントの位置の詳細なシミュレーションを行っています。さらに、人の手で手術が行われることでどうしても起こり得るわずかな誤差を避けるために、シミュレーション通りに正しい位置に埋入することをアシストするものがサージカルガイドです。当院では院内CTでの検査の後、インプラントを入れる方向を定めたガイドを事前に作成した上で、それを元にして理想的な位置へ正確に打ち込むことで、より安全で確実なインプラント治療を実現しています。

インプラントをおすすめできないケース

当院で行うインプラントは、院内CTによる詳細な検査やCT上でのシミュレーション、ガイドを元にした正確な手術によってできる限り安全な手術を心がけていますが、もちろん外科手術であることから、どれほど医師が注意を払っていたとしてもある程度のリスクを伴うことも事実です。また、インプラントだからといってお手入れが不要ということはなく、歯周炎などを防いで良い状態で維持するためにはむしろ天然の歯に比べてよりシビアにメンテナンスを行う必要があります。中には「普通の歯よりもお手入れが簡単そうだからインプラントにしたい」と希望される方もいらっしゃいますが、実際はその逆で、咬み合わせのチェックやプラークコントロールも含めて定期的に検診を受けることが不可欠であることを事前にしっかりとお伝えして、ご理解いただける方のみに治療を行っています。なお重度の糖尿病や腎臓病、心臓疾患などの全身疾患をお持ちの方はインプラント治療が受けることが難しいケースが多くなります。

 

失った歯をそのままにしておくリスク

人間は意外に順応性が高く、歯が1本なくなった程度では食事をすること自体は残されている歯だけでできてしまいます。特に奥歯は外から見えにくいこともあり、「今のところは噛めているから大丈夫」と、何もせずに過ごされる方も多くいらっしゃいます。しかし、歯が失われた部分をそのままにしていると残った歯に大きな負担がかかり、1本ずつ駄目になってしまう可能性があります。また、初めのうちは問題のある範囲が狭く簡単な治療で済んでいたのに、時間が経つにつれて大掛かりな治療が必要になることが多くなるため、歯が1本なくなった時点でそれに応じてしっかりと対処することが大切です。いずれはインプラント治療を受けることを検討されていたとしても、まずは保険適用の部分入れ歯でも充分なので、全体が悪くなってしまう前にスピーディな対応を行うことをおすすめしています。

入れ歯・義歯

咬み合わせを重視した入れ歯治療

歯を失った時の対処としてもっともポピュラーな治療が入れ歯(義歯)です。ご自身に合った入れ歯を着用することは、食事や会話を楽しむ上で大切なポイントです。当院では特に咬み合わせを重点的に考えた、ご本人の口腔内にぴったり合う入れ歯を作り上げるよう最大限の力を注いでいます。特に入れ歯は「他にもう治療の選択肢がない」という場合も多いので、患者さまが普段何に困っているかをよく伺って、できる限りご要望に沿う入れ歯をご提供することを心がけています。当院の院長が以前勤務していた歯科医院は、歴史の長さもあって入れ歯の患者さまがとても多く通われており、多数の入れ歯の患者さまを治療する機会に恵まれました。その時の経験が現在の治療にも非常に役立っています。「他の歯医者さんで何回入れ歯を作っても合わなかったのに、ここでなら大丈夫でした」という嬉しい声も頂いています。

入れ歯の持つ大切な役割

歯がなくて噛めない状態になった方には、基本的に何らかの対処をしなくてはなりません。たとえ1本だけであっても歯が失われた場合は、食事に大きな支障がなくても部分入れ歯などでしっかりと咬み合わせを作っておく必要があります。特に奥歯が何本かなくなると噛む力が格段に落ち、食べ物を噛み砕かない状態で胃に送ることになるため、胃や腸などの内臓に大きな負担がかかってしまいます。お口は第一の消化器官といわれており、入れ歯を入れることによって、咬み合わせを安定した状態で維持しながら食べ物をうまく消化できるようになります。また入れ歯は見た目や咀嚼力の改善だけでなく、発音が上手くできるようにするという役割もあります。なお、入れ歯は入れてすぐに噛めるようになるわけではなく、お口の環境に馴染むまでにはある程度の時間が必要です。何回も調整を重ねることで快適に使えるようになるので、ゆっくりと慣らしていくことが大切です。

入れ歯の種類

当院では高い技術と経験によって、保険の範囲内でも充分にフィットして満足いただける入れ歯をお作りしています。また、より多彩なニーズに応えるために保険適用外の自費の入れ歯もご用意していますので、お気軽にご相談ください。

 

保険適用外の入れ歯(税抜き)

金属床義歯   \20,000~ 床の面が金属でできている入れ歯です。入れ歯の厚みをかなり薄くすることができるため、保険の総入れ歯よりも違和感が軽減されます。金属は熱伝導性に優れており、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。汚れがつきにくく、気になる入れ歯特有の臭いも少なく衛生的です。
ノンクラスプ義歯(アートス)                      \100,000~\150,000 金属バネで支える従来の入れ歯と異なり、ナイロン系のスーパーポリアミドという弾力性の高い素材を使ってバネを使わずに固定できる入れ歯です。金具がないことで見た目が美しく、入れ歯を使用していることを他人に気づかれにくいのが最大のメリットです。